髪そのものでなく、「毛母細胞ケア」を考えましょう。

20代,30代,育毛ケア,漢方,天然植物成分

育毛とは基本的にすでに生えている頭髪に働きかけるものではありません。

 

 

毛髪は角化した(=死んでしまった)細胞ですから、毛髪自体をケアしても育つことはないんです。

 

 

育毛は全般的に頭皮への働きかけになります。

 

 

頭皮や毛髪を生み出す毛母細胞を活性化させることが「育毛」の本質なのです。

 

 

ですから、髪の表面をサラサラにする、髪をツヤツヤにするなどといううたい文句で売られているシャンプーはよく成分や注意表示を確認しましょう。

 

 

髪の表面の汚れを強力に落として、化学成分でコーティングするだけが目的のシャンプーであれば、生きている頭皮の細胞に与える悪影響が心配されるからです。

 

 

髪は角化した、死んだ細胞であるとはいっても、頭皮の毛母細胞の状態によって大きく健康状態が変わります。

 

 

つまり、毛母細胞の活性化を意識してケアをしていれば、髪自体をさらさらにしたりしっとりさせたり、まとめたりという小手先のことをしなくても良いのです。

 

 

毛母細胞が元気で、太くて健康な髪となれれば毎日の髪のケアに要らない気をつかわなくても美しくあこがれの髪が手に入るということです。

 

 

そのためには毛母細胞が喜ぶ、天然成分の育毛シャンプーや育毛剤で毛母細胞のケアをすることがよいですね。

 

 

育毛は何歳から始めても良い。

 

女性の薄毛はゆっくりと進行していくので、効き目がマイルドな漢方薬成分が入った育毛剤が合っています。

 

 

漢方薬成分とは、早い話が、天然植物成分のみを使っているものという意味です。

 

 

副作用がないのも魅力です。頭皮が元気な20~30代から天然植物成分のみの育毛シャンプーや育毛剤を始めれば、歳を重ねても髪のボリュームをキープできます。

 

 

漢方には、身体が本来持っている自然治癒力を高め、回復を支援するということが期待されています。

 

 

これは天然成分を使用した育毛シャンプーや育毛剤にも通じる考え方です。

 

 

脱色して、派手な髪の色にしたはいいけど、髪の毛は傷んでキレやすくてぼろぼろ…

 

 

将来を捨てた状態ですよね。

 

 

男性も健康で黒ツヤの髪が美しい女性にあこがれるものです。

 

 

20代のうちに育毛ケアをすることは、周りの女性よりも目立って美しい髪を作り上げられます。

 

 

プロが仕上げたような美しい髪を育毛ケアで作ってみませんか?

 

 

一番人気の女性用育毛シリーズは「マイナチュレ」シリーズです。

 

 

「マイナチュレ」で総合的な育毛ケアをしましょう。

 

 

「マイナチュレサプリ」

(ページ内にシャンプー、育毛剤の紹介もあります。)
※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ