女性の薄毛は気付いた時には進行しきっている

20代のようなツヤのある髪

女性の薄毛の一番の原因というのは、頭皮の状態が不健康ということが少なくありません。

 

 

もちろんストレスや加齢による毛母細胞の衰えということも大きいです。

 

 

しかし、毛穴の汚れや脂のつまり、ポニーテールなどの髪をひっぱるヘアスタイル、頻繁に毛染めをすることなど、頭皮や頭髪への直接の圧迫、ダメージが挙げられます。

 

 

そのため、若いのに薄毛になってきたという人が最近少なくありません。

 

 

このような「女性型脱毛症」は、年齢に関わらず起こるものといえます。

 

 

男性の場合、ジヒドロテストステロン(活性型男性ホルモン)の影響が大きく、部位としては頭頂部や生え際が露出してくるため、早めに薄毛の症状に気づきます。

 

 

しかし、女性の場合、髪全体に及ぶことと、ホルモン型の進行ではないため、薄毛化は急速には進みません。

 

 

気づいた時には全体が薄くなってしまっていることが多い傾向があります。

 

 

髪質を保つためにも30代には育毛ケアを開始するとよい

 

また、女性の場合は薄毛化以上に気になってくるのが、髪の質の衰えです。

 

 

20代から30代と進むとあきらかに髪の質は落ちてきます。

 

 

全体的に髪が細くなること。

 

 

全体的に色艶がよくなく、色が薄くなること。

 

 

そして、ストレートですとんと落ちる感じの髪ではなく、ブラシに引っかかる感じの髪質に変化していく場合が多いです。

 

 

このような症状がでてくると、5年後、10年後の頭皮や髪の健康状態というのはますます不安になってくると思います。

 

 

このような状態のできるかぎり、初期に育毛ケアに目を向けるということをすれば、40代、50代になってもストレスなく、おしゃれを楽しむことができます。

 

 

育毛シャンプーや育毛剤は年寄りが使うものという概念を捨てて、若いうちから育毛シャンプーや育毛剤を使うようにするというのは有効です。

 

 

具体的にどんなアイテムをつかうの?

 

まずは脱脂力の強いシャンプーの使用は避け、マイルドな洗浄力で頭皮を保湿してくれる、頭皮ケアタイプのアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

 

 

アミノ酸系シャンプーで、髪ではなく頭皮を洗うよう、時間をかけてシャンプーしてください。

 

 

育毛剤は髪を増やすという概念で使わない。

 

 

頭皮の保湿とアンチエイジングのために使用すると考えれば抵抗はないですね?

 

 

頭皮を清潔にしたり、血行促進効果のあるミネラル系の育毛剤をシャンプーの後に使うのが効果的です。

 

 

女性の場合は育毛に気を使うことで数カ月後には驚くほど髪質が変わることが多いです。

 

 

女性のためのアミノ酸育毛シャンプーのサイトへ

(norikoさんの運営する外部サイトです)

 

女性のための育毛剤のサイトへ

(norikoさんの運営する外部サイトです)
※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ