5αリダクターゼは女性の薄毛にも影響してしまっているのか

5αリダクターゼの影響は女性にもあるのでしょうか。

 

 

何だか髪が薄くなり、気になります。

 

女性にもある男性型脱毛症

 

あ~ん、大変!分け目が…!

5αリダクターゼは女性にもある還元酵素です。

 

 

5αリダクターゼは、良性の男性ホルモンであるテストステロンに受容して悪性の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変えてしまいます。

 

 

この変質した悪玉の男性ホルモンが悪さをするのが「男性型脱毛症」です。

 

 

5αリダクターゼは遺伝する還元酵素です。

 

 

いや、正しくは5αリダクターゼへの感受性が遺伝すると言っていいでしょうね。

 

 

5αリダクターゼをたくさん持っていても、髪が薄げにならない人は存在します。

 

 

これは5αリダクターゼへの感受性つまり反応が薄いという、うらやましい体質の人です。

 

 

女性の男性型脱毛症のリスクは男性の2倍!

 

遺伝に関しては難しい話になってしまいますが、基本的には母方から遺伝します。

 

 

これは性染色体の影響によるものです。

 

 

性染色体の組み合わせは女性では2本のX染色体、男性ではX染色体とY染色体1本ずつとなっています。

 

 

実は感受性遺伝は、研究からX染色体で遺伝するとわかっています。

 

 

性染色体はXYどちらかを受け継ぐわけですが、男性の場合、絶対にY染色体は父親から受け継ぎます。

 

 

ですから、5αリダクターゼへの感受性を遺伝するX染色体は母親から遺伝するのはわかっているのです。

 

 

その母親はXを2つ持っていますから、父親、母親両方から遺伝子を受け継ぎます。

 

 

もし、父親、母親両方とも感受性に敏感な体質であれば、彼女はその両方の体質を受け継いでしまうわけです。

 

 

つまり、遺伝子的には女性のほうが男性よりも「ハゲ易い」体質を受け継ぐ恐れは単純に2倍であると考えられるわけです。

 

 

この5αリダクターゼの作用は女性ホルモンが強い、若いうちは抑えられていますが、女性ホルモンが衰える更年期以後に影響が現れてしまう可能性があります。

 

 

女性も男性ほど強くはないですが(男性の4分の1ほど)男性ホルモンを持っていますので、男性型脱毛症が始まってしまうわけです。

 

 

男性ほどの影響はないにしろ、髪が細く、髪全体が細くなってしまう影響が見られます。

 

 

気になる人は専門院でチェックを

 

皮脂が多くて、シャンプーしてもベタつくという場合は、男性型脱毛症である可能性が高いです。

 

 

しかし、一時的にホルモンバランスを崩しているだけの可能性もあり、自身での判断は難しいです。

 

 

男性型脱毛症かどうかは専門の治療院AGA治療院などでチェックしてもらえます。

 

 

※たとえば、こういった機関がAGA治療院です。

 

HARG治療センター⇒ 女性の来院も推奨しています。
『HARG療法』横浜中央クリニック  ⇒ 中央クリニックグループは全国的にあります。
広島中央クリニック名古屋中央クリニック

 

 

これらの医院では女性にもフェステナリド(5αリダクターゼの作用を抑える)を処方してくれます。

 

 

ただ、男性に比べると制限が多いです。

 

 

でも5αリダクターゼの活性を抑えるといわれるノコギリヤシや亜鉛、女性ホルモン様の成分である大豆イソフラボンの入った育毛(発毛)サプリメントは特に医師の処方は必要ありませんよ。

 

 

治療院には行けないし、男性型脱毛症かどうかわからないという人でも、とりあえず育毛(発毛)サプリメントは使えますので、使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

「毛髪大作戦 Growth Project. BOSTON 」

 

 

は最も女性にも広く使われている、優良育毛(発毛)サプリです。

 

 

尚、頭皮がカサカサで髪に元気がない…という人「栄養不足」気味の女性の方にはには女性用がお勧めです。

 

 

「毛髪大作戦 BOSTON for Ladies」

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ