「プロペシア」「ミノキシジル」の効能とネックとは

サプリの勝ちです

「毛髪大作戦 Growth Project. BOSTON (グロース プロジェクト ボストン)」

 

 

「fuerza(フェルサ)」

 

 

には医薬品では補えない効能があります。

 

 

医薬品として、認可されている2つの育毛医薬品は

 

 

「フィナステリド(プロペシア)」

 

「ミノキシジル」

 

 

です。

 

 

★「フィナステリド」…男性型脱毛症の原因である物質「5αリダクターゼ」の活性を抑え込んで抜け毛を減らす効果があります。

 

★「ミノキシジル」…体内に無害の一酸化窒素を作り出し、頭部の毛細血管を拡張して血行を良くして発毛を促す効果があります。

 

 

どちらも頭部に与える作用はしっかり認められて、臨床研究の上効果が認められています。

 

 

が単調な効能…

 

 

発毛には何かが足りないと思いませんか?

 

 

当然、これらの医薬品を使えば男性型脱毛症の改善効果は例外なくあるでしょう。

 

 

基本的には医師の処方が必要ですし、女性特に授乳中の女性、これから妊娠する可能性のある女性は使うことは不可能。

 

 

というか、厳禁!

 

 

ネックも多いのです。

 

 

育毛(発毛)サプリメントは医薬品に足りないものをすべて補える

 

「毛髪大作戦 Growth Project. BOSTON (グロース プロジェクト ボストン)」と「fuerza(フェルサ)」には

 

 

  • プロペシアのもつ「5αリダクターゼの活性を抑える」
  •  

  • ミノキシジルのもつ「頭皮の毛細血管の血行を良くする」

 

 

という効能はもちろん持っています。

 

 

それに加えて、これらの医薬品にはない、髪を生やすのに大切な要素である、頭皮にきちんと栄養を与えて、
環境を整える成分も入っています。

 

 

さらに髪を作り上げる材料も入っています。

 

 

「ボストン」にはコラーゲンや細胞エネルギーを作り出す補酵素「コエンザイム」などを含みます。

 

 

育毛・発毛サプリメントには「頭皮を健康にする」「直接強い髪をつくる成分を補給する」という、ヘアサイクル重視の育毛剤的な発想があります。

 

 

育毛剤単体の使用で効果が出ない方の切り札が育毛(発毛)サプリメント

 

頭皮環境と血行促進のみの作用の育毛剤単体では、「なかなか効果が出ない」という声が多いのですが、

 

 

「ボストン」などの髪を合成、発毛させるための材料、成分を豊富に含む育毛(発毛)サプリメントを一緒に使うと、「髪がしっかりして太くなった」などという声が一気に増えます。

 

 

育毛(発毛)サプリメントの含む栄養素を基礎としたの体内アプローチは、かなり有効であることが最近認められてきているのです。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ