男性ホルモンは毛を増やすホルモンのはずなのに…

男性ホルモンと髭

女性ホルモンは女性らしい、ツヤのある美しい髪を作り上げるホルモンですが、男性ホルモンは毛を増やすホルモンです。

 

 

なのに、男性ホルモンが多いと禿げるっていいますよね?

 

 

良性の男性ホルモンであるテストステロン自体は、毛母細胞の分裂などを促進させる効果があります。

 

 

しかし、皮脂の分泌も促進させるという側面も持っています。

 

 

この皮脂の分泌を過剰に促進してしまう状態にする物質が5αリダクターゼという還元要酵素です。

 

 

テストステロンが毛髪や皮脂にある5αリダクターゼという還元要素により活性化されて、5α-DHTと呼ばれる男性ホルモンに変容します。

 

 

この悪性の男性ホルモンは、皮脂の異常分泌による脱毛状態を促進します。

 

 

男性ホルモンの分泌を抑制しようとするのはまちがい

 

もともと、頭髪以外の体毛を濃くするのは男性ホルモンの役割となっています。

 

 

しかし実は毛母細胞の細胞分裂促進も男性ホルモンの働きなのですから、男性ホルモン自体を完全抑制しようと動くことはまちがいともいえます。

 

 

抜け毛は髪の毛の新陳代謝ともとれるため、発育を司る男性ホルモンはどんどん抜け毛を増やして新しい毛を生やすという性質があるからです。

 

 

ですから、男性ホルモン、テストステロン自体を抑制しようという方向に動くと、発毛がしにくくなる可能性すらあります。

 

 

したがって、男性ホルモンを抑えるのではなく、男性ホルモンを変容する5αリダクターゼ還元要素の作用を抑制するという方向性が、男性の過剰脱毛を改善する方向性としては正しいわけです。

 

 

5αリダクターゼを抑制する強力な天然成分はノコギリヤシ(ソーパルメット)です。

 

 

これ以上のものはいまだ発見されていません。

 

 

「フェルサ」

 

「ボストン」

 

 

などの育毛(発毛)サプリメントに含有量が多くなっています。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ