「ダブルインパクトのちょっと弱い男性ホルモン抑制作用

ダブルインパクトの基本セット

このサイトの「実質」3位では育毛・発毛サプリメントとして

 

 

「ダブルインパクト」

 

 

を掲載しています。

 

 

このダブルインパクトは4つの成分から成っていますが、発毛の上でまず一番重要なのは「亜鉛」です。

 

 

「亜鉛」がないと髪となる物質が互いに結び付かないのです。

 

 

つまり毛髪を合成する成分なのです。

 

 

それ以上に大事なのが、亜鉛は男性型脱毛症による抜け毛を防いでくれる、ノコギリヤシのような作用があるのです。

 

 

しかしながら、亜鉛だけだと、男性型脱毛症を引き起こす原因となる還元酵素「5αリダクターゼ」を阻害する効果としては少し弱いですね。

 

 

「ボストン」「フェルサ」にはない成長因子生成機能!

 

悪玉男性ホルモンを防ぐ効果が少ない!

 

 

それを補うという意味で?「ダブルインパクト」には成長因子を作り出す機能があります。

 

 

「カプサイシン」「イソフラボン」の組み合わせで「IGF-1」というインシュリン様成長因子、毛髪を成長させる因子を作り出します。

 

 

「成長因子を作り出す」という発想は「グロースプロジェクト ボストン」や「フェルサ」にはありません。

 

 

発毛医薬品として一般に使われている製品は「プロペシア」(フィナステリド)「ミノキシジル」ですが、これらも「成長因子を作り出す」という効果とは全く無縁のものです。

 

 

ですから、「成長因子」に興味のある人にはよいサプリメントです。

 

 

「ボストン」「フェルサ」にはない成長因子生成機能!

 

ただ、イソフラボン、カプサイシンの組み合わせで生成されるで「あろう」「IGF-1」が

 

どのように

 

◎毛母細胞に作用し、

 

◎毛母細胞の細胞分裂が活発化

 

 

するのか

 

 

結果として髪が生えてくるというのは化学的にその過程が説明されているわけではありません。

 

 

実際に人数を集めて治験した結果として、8割以上の治験者に増毛が見られたということです。
(ただ、この治験内容はのちにいろいろな物議があったようです)

 

 

実際のその人たちの毛母細胞にイソフラボンとカプサイシンの成分が作用したから増毛したのかはわかりません。

 

 

が、結果を見れば、「ダブルインパクト」の成分が増毛に貢献したとはいえるでしょう。

 

 

ちょっと残念なのは、髪をつくる成分的なバランスが「ボストン」「フェルサ」と比べると物足りないです。

 

 

価格としてもちょっと高くもうちょっと頑張ってほしい気がします。

 

 

個人的な感想としてですが。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ