テストステロンの増加は男性型脱毛症とは因果関係なし

テストステロン

こんにちは、マサトです。

 

 

僕のこのホームページに「テストステロン 増やす 男性型脱毛症」という検索フレーズで訪問された方がいらっしゃいます。

 

 

今日はこれについて書いてみようと思います。

 

 

このフレーズのわからないところは、

 

 

  • 「テストステロンを増やしたいけど、男性型脱毛症が心配」
  •  

  • 「テストステロンを増やすと男性型脱毛症を抑えられるのか」

 

 

どっちと取ればいいのかということですね。

 

 

まず、ひとつ言えることは、テストステロンの増加は男性型脱毛症とはほとんど因果関係がないということですね。

 

 

もちろん、男性型脱毛症を引き起こすのは、変形型の男性ホルモン「DHT・ジヒドロテストステロン」ですから、テストステロンが全くなければ、男性型脱毛症は起きません。

 

 

けど、テストステロンは、ヒトであったら、女性であろうが絶対なければならない、「生命」を司る大事なホルモンなので、無くなるということはあり得ません。

 

 

ですから、テストステロンを減らそうなんてことは、男性であったら特に考えてはならないのです。

 

 

テストステロンを増やすことに躊躇しないほうが良いと思います。

 

 

男性はテストステロンが増えればよいことだらけです。

 

もし、男性型脱毛症を引き起こす、本当の原因である「5αリダクターゼ」活性酵素が少なかったり、「アンドロイゲンレセプター」受容体の感受性が低ければ、テストステロンがいくらあっても、男性型脱毛症にはなりません。

 

 

むしろ、テストステロンは、細胞を強化する役目を果たすわけで、毛母細胞にもそのままだったら良い影響を与えるわけですね。

 

 

だから、テストステロンは、増やしましょう。

 

 

もし、筋トレして、筋肉を鍛えるなら、「テストステロンブースター」を飲めばよいです。

 

 

元気が出ないなら、マカサプリやクラチャイダムサプリを飲んで、代謝と抗酸化を高め、男性ホルモンの分泌力を強化すればよいですよ。

 

 

男性ホルモン、もとい、テストステロンの分泌力が高まることは、代謝促進につながるので、本来は髪のもととなる毛母細胞の分裂も活性化するはずなんです。

 

 

テストステロンを増やすことに悪いことはありませんよ。男性にはね。

 

 

ただし、女性の場合は、性ホルモンバランスが崩れやすいので、間違ってもテストステロンを増やそうなんて考えないほうがよいですけどね。

 

 

テストステロンは基本、増やせばよいです。

 

 

結局何をしたら「男性型脱毛症」を抑えられるのか

 

結局、男性型脱毛症の症状を抑えたいなら、「5αリダクターゼ」の活性を抑えるか、「アンドロイゲンレセプター」受容体に「DHT・ジヒドロテストステロン」が結合するのを抑えるか、どちらかしかないのです。

 

 

ちなみに「ノコギリヤシ」は、どちらかというと「アンドロイゲンレセプター」受容体に「DHT・ジヒドロテストステロン」が結合するのをブロックすると言われていますね。

 

 

毛母細胞内で作用するため、あまり育毛剤には向いていない成分です。

 

 

育毛サプリメントで摂ると良いでしょう。

 

 

なお、当サイトの育毛サプリメントランキングへは下のバナーをクリックしてください。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ