「禿げのスイッチが入った」という状態とは?

禿げのスイッチとは?

こんにちは、マサトです。

 

 

僕のこのホームページに「禿げスイッチ」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。

 

 

今日はそれについて書いてみようと思います。

 

 

「禿げのスイッチが入る」というのは、抜け毛や薄毛が気になって、色々調べていると、必ず行きつくフレーズです。

 

 

男性型脱毛症というのは、不思議なもので、それまで特に何も問題はなく、むしろ「ふさふさ」だったのに急に抜け毛が増えたと思うと、あっという間に進行、薄くなっていってしまうという現象が起こることがあります。

 

 

これが「禿げのスイッチが入った」という状態です。

 

 

もちろん、抜け毛のスピードには多少の個人差はあるものの、ある時から突然急に抜け毛が増えるということは、男性型脱毛症(AGA)特有の現象で、ほとんどの人に起こっているものです。

 

 

男性型脱毛症のメカニズムと「禿げのスイッチ」

 

男性型脱毛症のメカニズムっていうのはけっこう複雑なんですが、ある程度は細かくわかっているものです。

 

 

  1. 5αリダクターゼ還元酵素がテストステロンと化学反応する
  2.  

  3. DHTジヒドロテストテロンが作り出される
  4.  

  5. DHTジヒドロテストステロンが、皮脂を異常分泌する
  6.  

  7. DHTジヒドロテストステロンの「脱毛因子」が「アンドロゲンレセプター」と結びつく。

 

 

このような過程を経て、脱毛してしまいます。

 

 

細かく言うと、ジヒドロテストステロンが、皮脂を異常分泌する。

 

 

これは決定的な脱毛要因にはなりません。

 

 

たしかに、放置していれば、脱毛原因にはなってはいきます。

 

 

ただし、皮脂をしっかり洗い流し、潤いを残す「スカルプケアシャンプー」を使っていれば、この皮脂の異常分泌にはある程度対応できるものです。

 

 

マサトのおすすめ「スカルプケアシャンプー」サイトはこちら

(僕の運営する外部サイトに飛びます)

 

 

でも、最後の

 

 

「DHTジヒドロテストステロンの「脱毛因子」が「アンドロゲンレセプター」と結びつく。」

 

 

これが問題です。

 

 

実は、これが「禿げのスイッチ」ということではないかと言われています。

 

 

つまり「アンドロゲンレセプター」と言われる部分が、突如、ジヒドロテストステロンと反応するようになってしまうのです。

 

 

「禿げのスイッチ」はなぜ入るのか?

 

5αリダクターゼや、男性ホルモンの量と言うのは、ある程度遺伝で最初から持っているものです。

 

 

これは、別に禿げない人でも5αリダクターゼ還元酵素の量が多かったり、男性ホルモンの分泌量が多かったりする人はいるものです。

 

 

皮脂の量が多くても、特に禿げはしない人もたくさんいます。

 

 

このような人たちが、なぜ男性型脱毛症にならないかは、「アンドロゲンレセプター」がジヒドロテストステロンに反応しないからではないかとも思われるんです。

 

 

「アンドロゲンレセプター」がなぜ突如反応してしまうのかはわかっていません。

 

 

一部では、「生活の乱れ」や「強いストレス」が引き金となって、体質を変えてしまうからと言われています。

 

 

もともと、「アンドロゲンレセプター」が反応する素質はもっているものの、抑えられてきた「発動」が上記のように「ストレス」や体への不健康的な負担が重なると、発動してしまうというのです。

 

 

でも、たしかに一理あるかもしれません。

 

 

高校生で禿げ始める人は、受験や様々活動で、大きなストレスを受けているのかもしれません。

 

 

大体は、夜更かししたり、体に無理をしている人が多いような気がします。

 

 

大学生、社会人の禿げ始めも、生活の乱れや、仕事などの過大なストレスがかかったという場合が多い気がします。

 

 

遺伝的に「禿げ」の可能性があれば、遅かれ早かれスイッチが入ると思ったほうが良い

 

何にせよ、普通に生活していく中では、どこかでそのような大きなストレスがかかる時期があるわけで、それがいつかはわかりませんが、男性型脱毛症(AGA)発症の引き金になっている可能性が大きいですね。

 

 

それは、人間であるからには避けられないことだと思います。

 

 

ですから、遺伝的に、禿げている人が多い家系の人はどこかで男性型脱毛症(AGA)にはかかるもんだと思っておいたほうが良いかもしれません。

 

 

「育毛サプリメント」に入る「ノコギリヤシ」成分は、5αリダクターゼの作用を抑制すると言われています。

 

 

それとは別に、ノコギリヤシ成分自身が「アンドロゲンレセプター」と反応してしまうことで、ジヒドロテストステロンの「脱毛因子」が「アンドロゲンレセプター」と結びつくのブロックする作用も持つとも言われています。

 

 

ノコギリヤシ入りのサプリメントは、健康食品であり、副作用はなく健康にも良いものです。

 

 

脱毛が始まったかな?と思う程度でも、始めておくほうが良いとは思います。

 

 

比較的購入しやすい価格帯のノコギリヤシ入り育毛サプリは「GUNGUN」

 

 

他、育毛サプリは下の「ランキングへ」バナーから一覧ページに行き、ご覧ください。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ