プロペシアでは頭皮は柔らかくはなりません

プロペシア

こんにちは、マサトです。

 

 

僕のこのホームページに「プロペシア 頭皮がやわらかく」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。

 

 

今日はそれについて書いていこうと思います。

 

 

結論からいいますと、プロペシアでは頭皮は柔らかくはなりません。

 

 

プロペシアは、基本的には「前立腺肥大症 BPH」という、壮年期の男性に起こりがちな、夜中に何度も排尿に起きなくてはならないという「頻尿」に悩まされる男性のための薬の成分だからです。

 

 

プロペシアの成分、フィナステリドは、「5αリダクターゼ還元酵素」の活性を抑えるわけですけど、それは前立腺肥大症の薬の臨床研究をする過程で、偶然発見された作用で、ある意味「副作用」的なものなんです。

 

 

もしこれで「頭皮が柔らかくなる」などという効果があったとしたら、それも副作用的なものと言ってもよいかもしれませんね。

 

 

頭皮を柔らかくするのは「ミノキシジル」

 

頭皮を柔らかくする医薬品といえば、「ミノキシジル」のほうですね。

 

 

ただ、ミノキシジルは、飲み薬ではありません。

 

 

海外にはミノキシジルのタブレットがありますが、日本では公に認められた医薬品ではなく、個人輸入でしか購入できません。

 

 

ミノキシジルは頭皮の毛細血管を広げて、血行促進する作用があります。頭皮の毛細血管の促進をするとなると、体内からミノキシジルタブレットでそれをした場合、前身の血管におよぶほどの作用をさせなくてはなりません。

 

 

急激な血管膨張は、血圧の急低下に繋がり、心臓を始めたとした他の内臓器官や、脳に深刻な影響を与える恐れがあります。

 

 

ミノキシジルタブレットを飲むのは避けましょう。

 

 

プロペシア、ミノキシジルそれぞれ作用的に足りない

 

「プロペシア 頭皮がやわらかく」ということはできませんし、じゃあ、ミノキシジルを使ったとしても、今度は5αリダクターゼを抑えることができないわけです。

 

 

ミノキシジルの発毛促進作用は、DHTジヒドロテストステロンの脱毛促進作用とバッティングしたら、思うように成果が上げられません。

 

 

もちろん、プロペシアとミノキシジルの併用は可能なのです。

 

 

プロペシアとミノキシジルの購入については、僕の育毛剤サイトに書きました。

(僕の運営する外部サイトに飛びます)

 

 

ですが、両方をするのは費用的にバカになりません。

 

 

上記のホームページには、これらを安くセット販売している個人輸入代行業者も掲載しています。

 

 

でも、それでもずっととなると、費用的にかなりかかります。

 

 

また、プロペシアとミノキシジルの併用でも、足りないものは「栄養」なんです。

 

 

ミノキシジルで毛細血管の血行を促進したら、確かに産毛から生えてきやすくなります。

 

 

でも、丈夫な髪を生やせるだけの栄養がなければ、なかなか健康で強い髪とはなりません。

 

 

AGA(男性型脱毛症)専門治療院では、「ハーグ療法」という、頭皮に栄養を注入する方法を取ります。

 

 

かなり無理矢理頭皮を肥沃な状態にし、髪の質を上げようとするわけです。

 

 

育毛サプリ+育毛剤のほうが作用的にも、コスパ的にも優れます

 

ここまで見て、

 

 

  • 「5αリダクターゼの活性を抑える」
  •  

  • 「頭皮の毛細血管の血行を活発にする」
  •  

  • 「髪を強く、太くするための栄養を頭皮に与える」

 

 

ことが、頭皮を柔らかく肥沃にし、長く持つ丈夫な髪を生やすのに必要なことがわかるはずです。

 

 

それがまとめてできるのは「プロペシアとミノキシジル」ではなくて、「育毛サプリと育毛剤」です。

 

 

育毛サプリは5αリダクターゼを抑えると言われる「ノコギリヤシ」成分の入ったもの。

 

 

育毛剤はそれこそ「プロペシアとミノキシジル」、両性質を持つ育毛化粧品でも良いですね。

 

 

育毛化粧品

(僕の運営する外部サイトに飛びます)

 

 

「プロペシアとミノキシジル」をするよりは、「育毛サプリ+育毛剤」のほうが価格的にもアドバンテージがありますよね。

 

 

育毛は5αリダクターゼ、ジヒドロテストステロンとの闘いなのですが、残念ながらそれはずっと続けなくてはなりません。

 

 

5αリダクターゼの活性をずっと抑えておけたり、あるいは5αリダクターゼを完全に除去してしまうような成分は見つかっていないからです。

 

 

プロペシアとミノキシジル、あるいは育毛サプリ、育毛剤はずっと続けないといけないわけです。

 

 

プロペシア、ミノキシジルは「耐性」(慣れて効かなくなること)こそありませんが、医薬品なので、ずっと続けるのは健康的に心配という人も多いのではないでしょうか。

 

 

それこそ、健康補助食品である育毛サプリと、医薬部外品(あるいは化粧品)である育毛剤、育毛化粧品を使ったほうが気分的にも安心できると思いますが。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ