まず「なぜ頭皮の皮脂が多くなったのか」を考えてみることが大切

油もの

こんにちは、マサトです。

 

 

僕の運営するこのホームページに「頭皮 皮脂 おさえる サプリ」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。

 

 

今日はそれについて書いていこうかと思います。

 

 

頭皮の皮脂を抑えるサプリなんてあるんでしょうかね。

 

 

まあ、実際はそんな完璧なものはないんですけどね。

 

 

まずは「なぜ頭皮の皮脂が多くなったのか」を考えてみることが大切かなと僕は思うんですね。

 

 

そのことを書いていきたいと思います。

 

 

皮脂が多くなるのは体の代謝力が衰えてきたから

 

頭皮の皮脂が多くなるのは、大体は30代以降ではないでしょうか。

 

 

ただ汗をかくのと、皮脂が多くなるというのはちょっとちがいますよね。

 

 

この30代以降と言っているのは、急に男性型脱毛症(AGA)の症状が出てしまう人が多い年代ということです。

 

 

男性型脱毛症(AGA)が急に発症するメカニズムは詳しくはわかっていませんが、発症しやすい条件というのはあるようです。

 

 

年代でいうと、早ければ、高校生から始まってしまう人がいるのですが、大半は30代からですね。

 

これは、

 

 

  • 体内に入ってくる脂が代謝できなくなってきた。

 

あるいは、

 

 

  • 体調が悪かったりして、代謝力が衰えているのに、体内に入ってくる脂が減らない。

 

 

このようなことが要因となって発症するんじゃないかと考えられます。

 

 

代謝力が弱ると男性型脱毛症(AGA)の引き金に

 

20代後半くらいから、ヒトの体の代謝力は急激に衰えていきます。

 

 

代謝のために、アルギニンやオルニチンなどのアミノ酸、コエンザイムQ10などのビタミン様補酵素など、体内で作られる成分というものがあるわけですが、それらが作れなくなっていくのが、20代後半からです。

 

 

代謝力というのは、段階的に衰えていくものなのですが、第一段階として、20代後半から30代前半が「ガタ」っとくる時期です。

 

 

体は、入ってきた脂つまり、脂質も代謝しているのですが、代謝能力が落ち、代謝しきれなくなると、皮脂として体外に放出する性質があるそうです。

 

 

そこでだんだん皮脂が増えていくと、さほど動きがなかった「5αリダクターゼ還元酵素」を活発化させてしまうということではないかと思います。

 

 

高校生で男性型脱毛症が発生する人は、僕の知り合いなんかを見ても、あんまりスポーツしている人とかはいませんでした。

 

 

どちらかというと、家にこもりがちで勉強したり、ゲームに夢中になったり、また食生活的にも肉や油ものは好きそうでしたよね。

 

 

多分、寝不足とか、勉強疲れとかありながら、食事は油ものが多いから、体が脂を代謝する能力を落としていたのではないでしょうか。

 

 

それが、5αリダクターゼの活性を促したのではないかと思われます。

 

 

つまり、体が脂を代謝できなくなってきて、頭皮に脂が多くなってくると、男性型脱毛症が発症。

 

 

余計に脂を多くしてしまう。

 

 

ということではないかと思います。

 

 

抗酸化サプリでも20代の代謝力までは戻らない

 

まあ、年とともに体が脂を代謝できなくなってくる事実は確かなので、男性型脱毛症もちの人は、いつかは始まると思ったほうがよいでしょう。

 

 

多分、「抗酸化」サプリを摂って、アンチエイジング、代謝力を維持しようと思っても、脂の代謝能力を20代まで戻すことは不可能ですね。

 

 

そうすると、やっぱり頭皮の皮脂を抑えるサプリがあればなあということになるんですが…

 

 

ノコギリヤシが皮脂を抑える成分として該当するのか?

 

いちおう、頭皮の皮脂を抑えるサプリということになると、ノコギリヤシ入りの育毛サプリということになると思うんですね。

 

 

というのは、ノコギリヤシは5αリダクターゼの活性を抑える成分とは言われているのですが、どちらかというと、性質的に皮脂を抑える作用があるんじゃないかと思われるからです。

 

 

ノコギリヤシの果実は植物性脂肪酸と、植物版のコレステロール「フィトステロール」を持っています。

 

 

育毛サプリ成分には、このノコギリヤシの果実のエキスが使われるわけですけども、この成分は動物性の脂とLDLコレステロールに対抗し、毛細血管の血行を促すと思われます。

 

 

また、プロペシアと同じく、体の末端部分の前立腺に作用します。

 

 

この前立腺の疾患である「前立腺肥大症」は脂肪やコレステロールが原因の一つとして、戦後の食糧事情の変化によって急激に多くなってきたものです。

 

 

やはり、ノコギリヤシが作用するということは、脂やコレステロールを抑えている可能性が高いと思います。

 

 

ノコギリヤシが実際に皮脂を抑えているという臨床研究はないんですが、成分的に理屈を当てはめると、十分その可能性はあると思いますね。

 

 

なんにせよ、ノコギリヤシサプリメントは、頭皮という体の末端部分に集中作用する成分ばかりが入っているので、頭皮に作用する能力はこれに勝るサプリなんか他にないわけですね。

 

 

頭皮の皮脂を抑える…

 

 

とりあえず、ノコギリヤシ入りのサプリを1か月続けてみることをお勧めします。

 

 

僕のお勧めは「ボストン」「GUNGUN」です。

 

 

「毛髪大作戦 Growth Project. BOSTON 」詳細

 

「GUNGUN(ぐんぐん) 」詳細

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ