「亜鉛摂取してから髪が柔らかくなった」という声は初めてききました。

こんにちは、マサトです。

 

 

僕の運営するホームページに「亜鉛摂取してから髪が柔らかくなった」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。

 

 

今日はそのテーマを取り上げようと思います。

 

ネイチャーメイド 亜鉛


「亜鉛摂取してから髪が柔らかくなった」というのは僕はあまり聞いたことがないですね。

 

 

そもそも亜鉛はあまり髪質とは関係がないと思われます。

 

 

たんぱく質合成に欠かせないミネラルで、亜鉛不足気味の人が亜鉛を摂ると、たんぱく質合成がスムーズになるため、皮膚や髪の細胞分裂が早まり、髪の毛の伸びが早くなるというのはよく聞きます。

 

 

ですが、髪質が「柔らかくなった」というのは聞いたことがありません…

 

 

僕は育毛サプリメントを一時期、毎日欠かさず飲んでいたわけですが、(どうも僕の場合、男性型脱毛症じゃないので、毎日は飲む必要はないように思い、僕は飲む頻度を今落としています。)育毛サプリメントの場合はさほど亜鉛が多くありません。

 

 

大体どれくらい含まれるのかというと、1日分でせいぜい3mg~5mg程度だと思われます。

 

 

それくらいだと、正直亜鉛の効果というのはあまり感じないですし、ほかの成分もたくさん配合されているので、僕の場合は亜鉛の効能というのを感じたことがないです。

 

 

ですから、ここに書くのは実感ではなくて、成分の性質から言える憶測にすぎませんが…

 

 

亜鉛は比較的体に実感が大きい栄養素

 

男性の場合、厚生労働省が推奨する1日の亜鉛摂取量は12~15mg。

 

 

きちんと栄養バランスを考えた食事をしていれば、食事からは10mg程度は摂れると思われます。

 

 

何も考えずに適当に食事を摂っていても、まあ3~5mgというのはクリアできるでしょうね。

 

 

病気なく生活できているとすれば、生きていくのに必要な分の亜鉛は摂れています。

 

 

というか、亜鉛不足とは言いますが、本当に亜鉛不足に陥ると免疫機能が著しく低下して、すぐに体調不良になり、普通に生活できないレベルになりますから、それって大変なことなんです。

 

 

これほどの微量ミネラルなので、サプリなどで10mgを超えて摂った場合、なかなかその量を実感する人が多いようですね。

 

 

  • 「爪や髪の伸びるのが早くなった」
  •  

  • 「風邪を引きにくくなり、持ちこたえている感じ」
  •  

  • 「性機能が充実したように感じる」
  •  

  • 「皮膚のボロボロがなくなってきた」

 

 

など。もともとが微量ミネラルなので、毎日、上限に近い水準量を摂ると、比較的大きな影響が感じられる人が多いようです。

 

 

もちろん、個人差がありますから、そこまで感じられない、という人もいます。

 

 

もともと食習慣的に亜鉛の摂取が多くなっているという人の場合、飲んでも特に変化は見られないという人は多いでしょう。

 

 

普段亜鉛が健康維持ギリギリ…程度の人がかなり変化を感じる栄養成分であることは確かなようですね。

 

 

亜鉛は実感できる人はホントに実感できる、けっこう栄養素としては影響の大きなものなので、量には注意が必要だと思います。

 

 

まあ、育毛サプリに入っているくらいの量であれば、全然神経質になる必要はないと思いますが。

 

 

「髪が柔らかくなった」というのは悪い状態?良い状態?

 

ところで、「亜鉛摂取してから髪が柔らかくなった」ということですが、状態がよくわかりません。

 

 

まず男性なのか、女性なのかがわかりません。

 

 

男性と女性にはもともと髪質に差があります。

 

 

もちろん同性同士で個人差がとても大きいのですが、性ホルモンの量でも髪質は変わります。

 

 

男性ホルモンは太くて固い質の毛を作ります。ハリツヤはさほどありません。

 

 

女性ホルモンはしなやか、それでいてハリツヤのある髪を作ります。

 

 

亜鉛は上にも書きましたが、あまり髪質とは関係がなくて、毛母細胞の細胞分裂に使われるミネラルです。

 

 

ですから、亜鉛摂取と髪の毛が柔らかくなったというのは因果関係がないような気はします。

 

 

亜鉛が充実すると、毛母細胞だけではなくて、頭皮の皮膚の細胞分裂が活発になり、頭皮の毛細血管の再生も活発になります。

 

 

そのため、亜鉛以外の栄養成分も毛母細胞に供給が多くなります。

 

 

ですから、亜鉛に引っ張られて、他の成分の影響を受けて、髪質はより太く、しっかりした方向に向かうことは考えられます。

 

 

こう考えると、「柔らかくなった」ということが本当に悪い意味なのか?と疑問が湧いてきます。

 

 

普通、柔らかくなったというのは、髪質が悪くなって「髪が細くなり、ハリコシがなくなった」ということが想像できます。

 

 

今回の「柔らかくなった」というのは果たしてどんな状態なのか?ということが気になります。

 

 

悪い意味で「柔らかくなった」というなら、疑われるのはひとつ「鉄分不足」による栄養代謝不良。

 

「髪が細くなり、ハリコシがなくなった」という状態であるなら、頭皮環境が悪化していることが考えられ、本当に亜鉛の問題なのか?と思います。

 

 

もしひとつだけ考えられるとしたら、それは「鉄分不足」です。

 

 

亜鉛と鉄というのは相関関係があり、互いにどちらかが多すぎたら打ち消す関係になります。

 

 

亜鉛が多くなりすぎれば、鉄分が欠乏します。

 

 

鉄が多くなりすぎたら、亜鉛が欠乏します。

 

 

健康を崩すというより先に、鉄分の不足による新陳代謝の弊害が先に現れると思われます。

 

 

鉄分が不足すると、赤血球が減り、頭皮と髪の栄養代謝に必要な酸素の供給が不十分になる可能性があります。

 

 

活発な細胞分裂を促す亜鉛が、逆に栄養の代謝を阻害するという副作用もあるのです。

 

 

だからこそ、厚生労働省の推奨量があるわけですが…

 

 

亜鉛の影響は個人差が大きいですから、それほど影響はないだろうと思っても、ひょっとしたら、鉄分量に影響しているのかもしれません。

 

 

もし鉄分量に影響していたら、たしかに髪の伸びるのは早くなったけども、酸素が不十分で、ハリコシの弱い、細い髪になるということはあるかもしれません。

 

 

理論上は十分あり得ます。

 

 

亜鉛摂取をやめる必要はないですが、量と回数を減らして様子を見ましょう。

 

「亜鉛摂取してから髪が柔らかくなった」は本当にこれが表面上に出てきてしまった可能性がある現象です。

 

 

いずれにせよ、その柔らかくなったというのが、「ハリコシでてしなやかになった」という意味でなく、「髪が細くなってハリコシがなくなった」という意味であれば、亜鉛の摂取量は減らす必要があるでしょう。

 

 

亜鉛はサプリから摂っているのでしょうから、毎日獲るのは止めて、2日、3日に一度にしてみるとか、1日の摂取量を半分にしてみるとか、まずは調整してみましょう。

 

 

ひょっとしたら、皮膚の張りもよくなって、爪もしっかりしてきて、髪の柔らかさも気にならなくなったというよい量のポイントがあるかもしれません。

 

 

亜鉛のせいで、悪い意味で髪が柔らかくなっていると思うのなら、とにかく量や回数を減らして様子を見ましょう。

 

 

栄養素であり、医薬品ではありませんし、健康の悪化を感じないなら、完全に摂取をやめてしまう必要は今の段階ではないのではないかと思います。

 

 

まあ、髪のために亜鉛を飲んでいるのであれば、亜鉛サプリメントやめて、亜鉛の量がほどほどで、髪の成分を多く含んだ育毛サプリに切り替えたほうがよいとは思いますけども。

 

 

亜鉛の分量は控えめ。髪となる直接のアミノ酸素材などが豊富な育毛サプリは「毛髪大作戦 Growth Project. BOSTON 」ですね。

 

 

「毛髪大作戦 Growth Project. BOSTON 」詳細ページ

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ