育毛・発毛を食べ物から語る上で、絶対に出てくるのが「豆腐」と「トウガラシ」

麻婆豆腐

こんにちは、マサトです。

 

 

今日は「育毛・発毛成分を食べ物から摂りたいとすると何を摂ればよいのか」と言う話です。

 

 

このサイトではその話をしていなかったように思います。

 

 

育毛・発毛を食べ物から語る上で、絶対に出てくるのが「豆腐」と「トウガラシ」の話ですね。

 

 

これらに含まれる育毛成分として有名なのが「大豆イソフラボン」「カプサイシン」です。

 

 

今、ちょっと人気が低迷しているのですが(って書いたら怒られるかな…まあ、このサイト目立たないからいいか。)「ダブルインパクト」という育毛サプリ製品があります。

 

 

このサプリは育毛成分として「イソフラボン」と「カプサイシン」を主力としています。これを主力としているのはけっこう珍しいんですけどね。

 

 

「イソフラボン」は大豆製品に多く含まれます。

 

 

「カプサイシン」はトウガラシ製品に多く含まれます。

 

 

これらの成分は普段、食事から摂ろうと思えば多く摂れる、比較的取りやすい食品の中にありますから、あえて多くは育毛サプリに含まない。ということはあるかもしれません。(あ、含んでいる育毛サプリは他にもありますが、目立つ分量ではないということです。)

 

 

「イソフラボン」が髪にいいとされる理由は?

 

ちなみに大豆製品に多い「イソフラボン」は抗酸化成分で、

 

 

  • 5αリダクターゼを阻害する
  •  

  • エストロゲン(女性ホルモン)様の作用を有する(エストロゲンは髪について、美しく、しなやかな弾力のある強い髪を作る方向性を示します)

 

 

などの性質があるとされます。

 

 

イソフラボンは「骨密度」を高めるともされていて、骨粗鬆症に対しては特定保健用食品として「骨の健康維持に役立つ」という表示が許可されている健康食品があります。

 

 

イソフラボンの効果なのか、豆が主な具として入っている「ミネストローネ」を毎日のように食べるイタリア南部、シチリアなどでは健康なお年寄りが多く、特に足腰が強い人が多いようです。(テレビで見ました。)

 

 

成分的に骨と髪というのはよく似ているので、大豆製品を好んで食べている人は、健康的な髪の割合が多いかもしれませんね。一度アンケートでも取ってみたいものです。

 

 

「カプサイシン」は育毛にどんな意味を持つ?

 

トウガラシが持つ「カプサイシン」はインスリン様成長因子1(IGF-1)の分泌を促進するとされます。

 

 

このインスリン様成長因子は肝臓で成長ホルモン(GH)による刺激の結果分泌されるとされるので、おそらくカプサイシンは肝臓に成長ホルモンと同じような刺激をもたらすものではないのかなと解釈できますね。

 

 

このインスリン様成長因子1(IGF-1)は毛母細胞だけじゃなくて、筋肉、骨、肝臓、腎臓、神経、皮膚及び肺などを構成するほとんどの細胞の新陳代謝に関わります。

 

 

だからカプサイシンを摂ることは、身体全体の新陳代謝を活発にすることに繋がります。

 

 

髪の毛のために!と血気盛んになるよりは、普段から元気の素みたいな感じで摂っておいたほうがよい成分ですね。

 

 

イソフラボン、カプサイシンとも摂取量の多すぎ注意。

 

尚、イソフラボン、カプサイシンとも摂取量が多すぎるのは注意です。

 

 

イソフラボンは摂りすぎは甲状腺へのヨウ素の取り込みを阻害するともされます。

 

 

また、中国では健康を意識した豆乳の飲みすぎ低度でも男性の女性化が見られたとの報告もあります。

 

 

よって、濃い豆乳を毎日ガブガブ飲むとかは避けたほうがよいですね…

 

 

豆腐をあんまり食べないから、1日1杯豆乳を飲もう、くらいがいいかと思います。

 

 

カプサイシンは刺激が強いので、摂りすぎは腸を痛めたりすることがあります。

 

 

育毛にまで影響するくらいのカプサイシンとなると、1日6mg。一味唐辛子だとなんと小さじ2杯にもなるので、結構な刺激です。

 

 

まあ、よほど胃腸が弱い人以外では平気くらいな量かな…

 

 

細菌は辛い坦々麺や辛子味噌、トウガラシで風味を出すラーメン屋さんなどが多いんですけど、僕はあまりトウガラシを入れると腸が痛くなり、下痢気味になります。

 

 

同じような人、多いんじゃないですかね?

 

 

ダイエットサプリにカプサイシンが主力のものがありますが、あれも僕は結構腸に来ました。

 

 

腸を痛めるほどトウガラシ取っても良くないので、なるべく摂ろうと意識するくらいでいいと思いますよ。

 

 

大体カプサイシンが髪だけに作用するわけではないのですからね。そこはムキにならないほうがよいかと。

 

 

大豆製品、トウガラシはちょっと多めを意識するくらいでいいかと。もっと大切なのは食事全体の栄養バランス。

 

「豆腐」をはじめとした大豆製品、キムチなどのトウガラシを使った食品。

 

 

あれば意識して多めに食べる、くらいでいいと思いますね。

 

 

それよりは一番大切なこと。「脂」の多いものを食べ過ぎず、野菜を中心としていろんな食品をしっかり食べるようにしましょう。

 

 

男性はただでさえ、好きなものばかり大量に食べる習慣がついている人が多いのですからね。

 

 

脂は多すぎれば皮脂の量も多くしますからね。頭皮環境の悪化の遠因です。

 

 

飲んだ後の締めのラーメンとかは最悪ですよ…

 

 

※イソフラボン、カプサイシンともしっかり押さえているさすがの育毛サプリはこちら!

「GUNGUN(ぐんぐん) 」製品レビューページへ。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ