毛根が完全に再生されなくなってしまうことはまずありません。見た目ツルツルなのは皮脂で毛穴が埋もれてしまっているから。

こんにちは、マサトです。

 

 

僕の運営するホームページに「毛根自体がなくなってるんだけどさ」という検索で来られた方がいらっしゃいます。

 

 

毛根は無くなるものなのか?これについて今日は書いていこうと思います。

 

 

さっさと結論を書きますけど、って、これどのサイトを見ても書いてあると思うんですけども、毛根が完全に再生されなくなってしまうことはまずありませんね。

 

 

頭皮の表面から見てツルツルで不安になってしまっているという人も、鏡で遠目にしか見ないので、余計にわからないかもしれませんが、髪が生えてくる毛穴というのはきちんとあるのです。

 

 

それ、皮脂で埋もれて、乾いた皮脂でツルツルしているだけです。

 

 

諦めて毛穴のケアをしないと、毛穴は皮脂で埋もれます。

 

 

毛穴が皮脂で埋もれ、頭皮の環境がなかなか良くならないということで、髪のもととなる毛母細胞がなかなか髪を生やせないでいるのです。

 

 

髪を生やす力が落ちているということになります。

 

 

毛母細胞をつぶすようなことになってしまったら毛根の再生が難しくなる。時間的に。

 

ただ、この毛母細胞をつぶすようなことになってしまったら、もう毛根の再生がとても難しくなってしまう恐れはあります。

 

 

せっかく生えた髪を何度も何度も故意に抜いていると、毛母細胞自体が潰れてしまったり、毛細血管がつぶれてしまったりということになってしまいます。

 

 

人間の体は自己再生能力が備わっていますので、こうなっても再生されるわけですが、再生の条件が整わないと、なかなか再生されませんし、再生時間がものすごくかかります。

 

 

そういっているうちに老化なんかで生えにくくなったりしてくるわけです。

 

 

でもいくらダメになった毛母細胞や毛細血管があったとしても、その周りまでダメになってしまう、ということはよほど故意にいじめぬかないとありませんけどね。

 

 

そんなことはしないでしょ?だからそんなにこれは気にすることはないと思いますが。

 

 

毎日これでもかと分泌される余分な皮脂をとにかく浮かせて取ることがヘアサイクルに乗っていく第一歩。

 

頭皮は皮膚なので、皮膚呼吸をしています。汗を出します。皮脂を出します。老廃物を出します。

 

 

頭皮は体の代謝機能を担う重要な「器官」なので、非常に過酷な扱いを受けて瀕死な状態となったとしても、栄養を整え、ケアすることによって細胞増殖、回復の方向に向かっていくのです。

 

 

他の体の皮膚と同じです。

 

 

そこで頭皮環境が整い、毛細血管が再生されれば、毛母細胞も再生されていくわけですけども、当然そのスピードや回復度合いは個人差がとても大きいものなので、なかなか「髪が生える」というまで再生するのが難しいというのが実情です。

 

 

そこで育毛は苦労が絶えないのですが、とかくいえることは、まず、「頭皮環境を再生しなくてはならない」ということです。

 

 

男性型脱毛症の場合は、何もしなければ常に頭皮環境は悪化しっぱなしです。

 

 

それは過剰な皮脂が頭皮を覆って、毛穴を皮脂で固めてしまうのですね。

 

 

つまり毛穴の呼吸を圧迫してしまっているのです。

 

 

ここで疑問に思うかもしれません。

 

 

あれ?毛穴が詰まったらどうやって汗を出しているの?と。

 

 

汗腺は別にあるんですね。毛穴は1つに対して皮脂腺は1つあります。

 

 

毛穴

 

 

だから、皮脂で毛穴が詰まってしまったら、毛が生える条件だけが奪われてしまうのです。

 

 

この皮脂を毎日しっかり浮かせて取るということが、毛母細胞を復活させ、毛根を再び作りヘアサイクルに乗っていく第一歩になります。

 

 

皮脂をしっかり浮かせて流し、そのあとを皮脂に似た保湿成分で覆うスカルプケアシャンプーを使うこと。

 

まず最初に、皮脂で固まってしまった毛穴を開かないといけません。

 

 

これはスカルプケアシャンプーで皮脂を分解し、皮脂を揉み出すようにして毛穴から浮かせて取るということをしなくてはなりませんね。

 

 

そして、皮脂を浮かせて洗い流した後は、新たに皮脂を出させ過ぎないように、皮脂に似たオイルで保湿する。ということをしなくてはなりません。

 

 

こうすることで、「外」からの頭皮の正常化の御膳立ては整います。

 

 

5αリダクターゼを阻害する育毛製品を1つ習慣化したい。

 

そして、5αリダクターゼを抑えなくてはなりません

 

 

5αリダクターゼにより還元されたテストステロン「ジヒドロテストステロン」が皮脂を過剰分泌するのですから、それを抑えない限りはいつまでも頭皮の環境は整わないわけです。

 

 

男性用の育毛剤や育毛サプリはまず大仕事として5αリダクターゼを抑えるということがあります。それを外している製品はありません。

 

 

素直にそれらをやりましょう。

 

 

やるというより習慣化したいです。

 

 

毛根再生手順。まとめます。ポイントは頭皮をケアするのは歯を磨くのと同じ「エチケット」だと割り切り習慣化すること。

 

ここまで書いたことは、一般的な育毛の手順なんですけども、ともかく言いたかったことは

 

 

  • 毛根のもとはないように見えてもあり、髪を生やすのに正常な頭皮環境が整えば、人の体には自己修復能力があるので再び動き出す。
  •  

  • 一度潰れてしまった毛母細胞や毛細血管が再生され、毛根を作るにはとても時間がかかる。地道に頭皮環境を整える努力をするしかない

 

 

ということです。

 

 

これらを再生するには、上にも上げたように

 

 

とにかく皮脂をしっかり浮かせて流し、そのあとを皮脂に似た保湿成分で覆うスカルプケアシャンプー

 

5αリダクターゼを阻害する成分がしっかり確保された育毛製品

 

 

が欠かせません。

 

 

もうこれは、再び髪を生やすことを意識して努力をするというよりは、毎日の歯を磨くような定番ケアとして組み込んでいってください。

 

 

発毛を意識しすぎるから挫折してしまうので。

 

 

ガチガチに固まった皮脂を流し、頭皮をケアするのはエチケットのうちと思ってください。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ