ジヒドロテストステロンを減らすという方向性はAGA(男性型脱毛症)の進行を抑えることにはさほど意味がない。

こんにちは、マサトです。

 

 

「ジヒドロテストステロン 減らす方法」というフレーズで検索し、僕のホームページに来られる方がいらっしゃいます。

 

 

ジヒドロテストステロンを意図的に減らす方法ということは、5αリダクターゼ還元酵素の活性を抑えるしか手はありません。

 

 

でも減らすという方向性はAGA(男性型脱毛症)の進行を抑えることにはさほど意味がないのです。

 

 

5αリダクターゼを抑えることをしなければ、DHT(ジヒドトテストステロン)は多少は食生活を改めたり、健康的な生活を送ったり、ストレスを軽減したりしてもある程度はできてしまいます。

 

 

だから、DHT(ジヒドトテストステロン)化を防ぐには、まず育毛剤、育毛サプリメント、育毛医薬品など何かを使って5αリダクターゼによる還元を抑える必要があるのです。

 

 

これはテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に何故なる必要があるのか。ということに関係してきます。

 

 

ジヒドロテストステロン化する必要がなぜあるのかがわかっていません。最大の謎です。

 

テストステロンの分泌量が少し減ってくると、その男性的な性質を保とうとするのでしょうか?

 

 

男性ホルモン的な性質が強いDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるわけです。

 

 

その時活性されるのが5αリダクターゼの動きなのです。

 

 

DHT(ジヒドロテストステロン)が男性の体に良い影響だけを与えてくれるなら、テストステロンがジヒドロテストステロン化するのは歓迎されるべきことです。

 

 

ですが、ジヒドロテストステロンが増えて、歓迎されることはほとんどありません。

 

 

・皮脂が増える

 

・頭髪の脱毛因子が増える

 

・体毛が濃くなる

 

・前立腺が膨張する

 

・活力が落ちる

 

 

など、かなり歓迎されない方向に行ってしまうのです。

 

 

あまりにも男性ホルモン的な性格が強すぎるということなのでしょうか。

 

 

なぜここまで男性の健康に逆に害になるようなことまでも強まってしまうのかということはいまだにわかっていません。

 

 

それがジヒドロテストステロン化することの最大の謎といえるでしょう。

 

 

5αリダクターゼの活性はいつかは必ず始まります。いつかは必ず始まるものとして覚悟が必要です。

 

 

男性型脱毛症

 

 

ともあれ、身体はテストステロンの分泌量が落ちれば、少ないテストステロンをより男性ホルモン的性質が強いジヒドロテストステロンにしたほうがよいと思って、5αリダクターゼを活性化させるということになります。

 

 

というより、テストステロンの分泌量が落ちれば、勝手に5αリダクターゼを活性化するようになってしまっているのではないでしょうか。

 

 

たとえばまだ高校生であっても、テストステロンの分泌量はとても大切です。

 

 

高校生くらいの年頃が大人の体への形成に最もテストステロンを使うことになるからです。

 

 

線の細かった体は、男らしいがっちりした体型に完成させます。性器の形をほぼ完成させます。

 

 

そのようなところにテストステロンを十二分に供給されるのが、大体高校生くらいの頃です。

 

 

ですが、高校生くらいになると、現代のライフスタイルでは、受験に備えての勉強が始まるほか、それでいてアニメやゲーム、漫画、インターネットなどのような誘惑が大きくなります。

 

 

そして、健康管理は親の責任から自分の責任に移っていきます。

 

 

そこで不健康な生活になり、テストステロンの分泌量が減り、5αリダクターゼの活性が始まる人が出るのではないかなと思います。

 

 

僕が高校生から20代前半まで見てきて、抜け毛や若禿げに苦しんでいる人というのは、大体成長が早く、早く大人の体になった人で、それでいて趣味や勉強、仕事が高じて生活が健康的でなくなっている…という人がほとんど…というか100%でした。

 

 

で、一度男性脱毛症(AGA)による抜け毛が始まってしまえば、進行の速さはともかく、手を打たなければ止まることはないのです。

 

 

5αリダクターゼは活性を始めれば、完全に止まらずに、活動し続けるという性質があるのです。

 

 

このようなことからDHT(ジヒドロテストステロン)が現れ始めたきっかけはテストステロンの分泌量が少し落ちたことによるのでしょうが、どんなに健康的な生活をしても、人間は完全に老化を止めることができず、どこかでかならずDHT(ジヒドロテストステロン)は生まれてしまうといえます。

 

 

ですから、遺伝子が持つ「アンドロゲンレセプター」の脱毛因子への感受性が強ければ、いずれは脱毛は始まってしまうわけです。

 

 

遺伝子を変えることはできません。5αリダクターゼの活性だけを抑えることに徹するしか方法がない。

 

遺伝子を変えることはできません。結局おおもとの5αリダクターゼの活性だけを抑えるしか、いまのところ方法はないというわけです。

 

 

あ、アンドロゲンレセプターと脱毛因子が結合しないように邪魔する、という手もありますよ。

 

 

この

 

 

・5αリダクターゼの活性だけを抑える

 

・アンドロゲンレセプターと脱毛因子が結合しないように邪魔する

 

 

この2つのことをしてくれるのは育毛剤、育毛サプリメント、育毛医薬品など。

 

 

これらを何もしないで、健康的な生活を心がけたり、食生活を改善したり、運動をしたりなどで脱毛を封じ込めることは不可能です。

 

 

まあ、多少は5αリダクターゼの活動が緩やかになり、ジヒドロテストステロン化が緩やかにはなるでしょうが、まさしく「焼け石に水」状態です。

 

 

脱毛、始まったかな、とおもったら、残念ですが、育毛剤、育毛サプリなどに予算を割くしかないというのが現状です…

 

 

※5αリダクターゼの活性を抑えるには、当然頭皮から毛根に対してのアプローチだけでは不十分で、身体の内部(血液)からのアプローチも必要です。
「イクオス」なら育毛剤1本分の価格で、育毛剤・サプリにより頭皮と体の内部、両方から5αリダクターゼにアプローチできます。

「天然無添加育毛剤イクオス(IQOS)」製品レビューページへ。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ