FGF7って何?改めて解説します。

こんにちは、マサトです。

 

 

僕の運営するホームページに「FGF7を増やすには?」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。

 

 

FGF7を直接増やすことなんてできるのでしょうか?

 

 

FGF7というのは、KGF、ヒトオリゴペプチド5とも言われていますが、いわゆる「成長因子」でも「線維芽細胞増殖因子」と呼ばれるもののひとつです。

 

 

「線維芽細胞増殖因子」はFGFといわれます。このFGF自身は簡単にいえばヒト繊維芽細胞、グリア細胞、血管内皮細胞など「肌の組織」を増殖させます。

 

 

髪の毛というか、毛というのは、もともとは皮膚だったものが変化したものと言われます。ですから、FGFが髪を成長する決め手となるとされます。

 

 

FGFは23種類あるものですが、その中でも7番目のKGFは、日本では「角化細胞増殖因子、角質細胞増殖因子、ケラチノサイト増殖因子」などと訳されて。

 

 

特に髪の毛に特化して成長させる成長因子とされます。

 

 

頭皮を「血行促進」してたくさん毛根に栄養を送り込めばよいのですが…

 

で、FGFのある個所に、たくさんの栄養と酸素をもたらせば、FGFの産生は促進されると言われます。

 

 

ですから、ぶっちゃけ、「血行促進」させて栄養素をたくさん毛乳頭、毛根に送り込めれば、それで通常FGF7は増えるといえます。

 

 

この理論を形にしているものが育毛医薬品であります。

 

 

それが「ミノキシジル」なんですね。

 

 

ミノキシジルについて書いています。

(僕の運営している外部サイト)

 

 

「ミノキシジル」は代表的な「毛生え薬」とも呼ばれる育毛医薬品ですが、欠点があります。

 

 

それは濃度を濃くすると血管を爆発的に膨張させ過ぎてしまい、心臓なんかの循環器官そのものに大きな影響を与えかねないのです。

 

 

気分が悪くなったり、動悸、息切れ、意識喪失…様々な「副作用」が心配されます。

 

 

特にヨーロッパなどには飲み薬でありますが、日本国内では危険を考慮して、塗布薬しか認可されていません。

 

 

ミノキシジルの飲み薬は個人輸入代行を通じて、あくまで個人が使用、個人の責任という範囲で手にはできますが、ぶっちゃけこれは違法行為と言っても差し支えないと思います。

 

 

そのようなものは買わないほうが無難ですね。

 

 

まあ、FGF7の産生を促進するには、「血行促進」により毛母細胞へ栄養をたくさん送ることで可能とはいえるんですね。

 

 

ただし、ミノキシジルでも十分とは言えないくらい、実際栄養を送れたほうがよいのですが、なかなかそんなことできはしないというわけです。

 

 

FGF7そのものが入っている育毛剤なんてありません!FGF7は超高価。実現は非現実的。

 

ではFGF7そのものを塗ったら…FGF7そのものが入っている育毛剤は…?

 

 

残念ながら、天然のFGF7そのものが入った育毛剤はありませんね…

 

 

そもそも成長因子そのものが入った育毛剤は、「薬用育毛剤」としては厚生労働省に認可されないです。

 

 

「育毛化粧品」という形になるか、量を多くすると「医薬品」になると思います。

 

 

ただ医薬品の場合はそれこそ臨床研究で、効果があることを証明しないといけないわけですね。

 

 

ところが、FGF7は超高額と言われます。

 

 

1人1日分400µg(0.4g)FGF7の実験用試薬を用意すると、それだけでなんと5万円ものコストがかかるとされます。

 

 

1日5万円の育毛剤?そんなのありえません!

 

 

あまりにコストがかかりすぎて臨床試験すらできないのが現実です。

 

 

ただ、成長因子を入れた育毛剤、まあ厚生労働省の認可降りないんですが、人工の成長因子を入れた育毛医薬品という形のものは出てきています。

 

 

僕の育毛剤サイトをご覧ください。

 

 

育毛医薬品のページ

(僕の運営している外部サイト)

 

 

でも、FGF7そのものでは全然ないですよ?入るのは人工で作ったFGF7様の成長因子です。

 

 

もちろん薄めですよ。医薬品ではないので。

 

 

それでもミノキシジルとそん色ない、それ以上のできということなので試してみては?と思います。

 

 

正直、その程度でないと今度は「好転反応」なんかが怖いですから…

 

 

FGF7の再生力を保つには毛根に栄養を送ることを意識することです。

 

成長因子というのは、年齢を重ねればどんどん再生力は落ちていくものです。

 

 

ただし、少しずつでも栄養を与え続ければ再生力の低下スピードは遅くなります。

 

 

  • 育毛剤で頭皮環境を改善し、頭皮や毛根に栄養を投下する。
  •  

  • 育毛サプリで毛細血管を多少拡張子、毛母細胞にサプリの栄養を与える。

 

 

実際はそのどちらもFGF再生を支える作用は持つのです。

 

 

ただし、弱いです。弱いのは仕方ありません。

 

 

食品では「プラセンタサプリ」なんかがFGF成長因子の多いたんぱく質を持つとされますが、プラセンタが毛根のFGFにまで大きな影響を与えるということは難しそうです。

 

 

だた、あまりにもいままで栄養が足りていなければ、プラセンタサプリを続けただけでも改善を感じることはあるようですが…

 

 

このようにFGFの産生促進というのは、頭皮の血行を促進し、毛根に栄養を送ることを意識すればよいということになります。

 

 

今のところ、育毛医薬品「ミノキシジル」や育毛化粧品の使用が最も近いアプローチになると思います。

 

 

体の内部、育毛サプリやプラセンタサプリでアプローチするのはちょっと弱いかな?

 

 

全然意味ないことはないですよ。特に育毛サプリは頭皮と髪を健康に改善することが目的の栄養素を積めているわけですからね。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ