まず5αリダクターゼの活性を阻害する成分が入っているかどうかが最低条件

オウゴンエキスは5αリダクターゼの活性を抑えます

育毛・発毛サプリメントの本領は何かといえば、AGA「男性型脱毛症」を抑える成分が入っていることです。

 

 

男性型脱毛症の原因は還元酵素「5αリダクターゼ」により、テストステロン(男性ホルモン)から、悪性の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが生成されることです。

 

 

だから男性型脱毛症の直接の原因を断ってしまう成分は必須です。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)の悪のパワー

 

ジヒドロテストステロンは毛乳頭内で活性。

 

 

毛母細胞を直接に「攻撃」します。

 

 

毛母細胞の細胞分裂を止め、毛根そのものに「脱毛指令」を送ってしまうわけです。

 

 

さらにジヒドロテストステロンは頭皮環境を狂わせます。

 

 

ジヒドロテストステロンは頭皮に「皮脂」を多量に分泌してしまいます。

 

 

もともと皮脂は頭皮にとっては「なくてはならないもの」なのです。

 

 

しかし、過剰に分泌されれば、頭皮の汚れである「垢」やホコリ、角質などと反応して固形化し、頭皮にこびりつき、毛穴をふさいだりします。

 

 

頭皮は「皮膚呼吸」ができずにたちまち頭皮環境は損なわれてしまうわけです。

 

 

5αリダクターゼを抑える成分はいろいろ発見されているけども…

 

男性型脱毛症の元凶である5αリダクターゼを抑えるという成分は、実は色々と発見されています。

 

 

とりわけ、野草類から摂りだしたエキスは効果が高く、コガネバナの根から抽出する「オウゴンエキス」をはじめ、エストラジオール(女性ホルモン様成分)冬虫夏草エキス、センブリエキスなど、様々な植物成分が有効とされています。

 

 

これは植物性のエキスに抗炎症作用、抗アレルギー作用等の効用があり、過剰な皮脂分泌による頭皮の環境悪化を緩和するからです。

 

 

これらは育毛シャンプーや育毛剤に使われており、一部では「男性ホルモンを抑制する」と宣伝されています。

 

 

しかしながら、これらの効果は男性型脱毛症をしっかり食い止められるほど強くはありません。

 

 

やっぱりサプリメントで摂らなくてはならないでしょう

 

実際かなり強い育毛効果が見込めるのはノコギリヤシ、イソフラボン、亜鉛などの成分です。

 

 

しかしながら、これらは頭皮に浸透しにくかったり毛頭まで達しえなかったりと、外部作用させにくいため、育毛剤などには効果的に配合しにくいのです。

 

 

この弱点を補うのが「育毛(発毛)サプリメント」というわけです。

 

 

AGA「男性型脱毛症」を十分食い止める効果は外部対策では不十分です。

 

 

「育毛(発毛)サプリメント」を摂らなくては、折角の育毛ケアが生きてきません…(>_<)

 

 

育毛成分は中から浸透させることも大きな意味があります。育毛(発毛)サプリメントのランキングページへ。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ