イソフラボンを摂れば女性のように頭皮が柔らかくなる?

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをすると聞きました。

 

 

イソフラボンを摂っていれば女性のように頭皮が柔らかくなったりしますか?

 

 

 

イソフラボンは更年期障害の症状緩和にたしかに効果的とはいわれますが…

 

大豆イソフラボンの健康パワーとは

イソフラボンは女性ホルモン様の成分として知られています。

 

 

女性は月経の終了とともに更年期障害に見舞われることが多いです。

 

 

女性ホルモンの分泌量が不足することによる、様々な症状に悩まされる人が多いのです。

 

 

その症状は

 

 

のぼせ、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶力・判断力の低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感

 

 

 

など多岐にわたります。
(このうちのすべてが起こるわけではありません。症状は個人差があります。更年期障害により、これまで上記のような症状があったという報告があるということです。)

 

 

それらの症状の緩和に、女性ホルモン様の構造をもつイソフラボンはたしかに効果があるといわれています。

 

 

イソフラボンは摂取量を多くしても、その作用が強まるものではない

 

そのため、イソフラボンを主原料にしたサプリメントが発売されていますが、その摂取分量に関してはそれほど多くしても意味がありません。

 

 

イソフラボンの摂取量は一日に40mg~50mgが目安とされています。

 

 

豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)程度であり、多めに摂取しても体外に排出されてしまいます。

 

 

ただ、イソフラボンも毎日食事で意識して摂るといっても、なかなか難しいので、サプリメントで摂ることが推奨されています。

 

 

イソフラボンは女性様ホルモン成分といいながらも、そのホルモン的な効能はさほど強くはないため、副作用もほとんどないといわれています。

 

 

イソフラボンはガン予防効果、抗酸化作用もあるといわれます

 

イソフラボンは育毛効果というより、どちらかというとがん予防効果があるといわれており、がんによる新生血管の阻害活性、抗酸化作用があるといわれています。

 

 

また、女性ホルモン様成分ということで、肌の保湿など、肌への美容効果があるといわれています。

 

 

ただ、前述したように食品成分であり、大量に摂取しても体外に流れる性質がありますので、目に見える効果は感じにくいでしょう。

 

 

「体によい」ということだけはいえます。

 

 

結局、イソフラボンだけが作用しているわけではないのです

 

育毛(発毛)サプリメントに必ず含まれているイソフラボンは、女性ホルモン様成分として、良質のアミノ酸成分として髪の原料になったり、頭皮の保湿を促したりというプラス効果を見込まれてのことです。

 

 

育毛(発毛)サプリメントをとって、頭皮が柔らかく髪のハリコシが良くなったといった場合でも、イソフラボンだけの効果というわけではないと思われます。

 

 

イソフラボンだけを摂っていればよいというわけではありません。

 

 

髪を生やすということはそれほど単純なことではないのです。

 

 

イソフラボン以外の成分もしっかり摂れる。女性に特におすすめの育毛サプリは下の2つです。

 

 

「毛髪大作戦 BOSTON for Ladies」

 

「マイナチュレサプリ」

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ