男性型脱毛症は遺伝。いくら健康にしていてもハゲる。

健康なスポーツ選手でも禿げている人はいます

男性型脱毛症の場合、どれだけハゲないように気を使っていたとしても、何もしなければ禿げてしまいます。

 

 

普通に生活している限りでは避けようがありません。

 

 

たとえば、スポーツ選手などは一般の人と違って、究極的に健康にも、メンタルにも気を使っているものですがそれでもハゲる人はハゲています。

 

 

ということはいくら健康にして、毛母細胞に栄養を運ぶために頭皮の毛細血管を健康に保ったとしても、禿げるのは避けられないわけです。

 

 

では、どうにもならないではないかとあきらめる必要はありません。

 

 

スポーツ選手はプロペシアやミノキシジルといった飲用する外用薬は使えません。

 

 

なぜかというと、強い薬はドーピングなどの検査に引っかかってしまう恐れがあるからです。

 

 

そのため、風邪薬程度でも気を使って飲んでいるということがあります。

 

 

しかし、一般の人はドーピング検査など受けることがありませんので、男性型脱毛症に対応する医薬品は服用することが可能ですよね。

 

 

医薬品、もしくはサプリでの男性型脱毛症対策は必須

 

プロペシアも、ノコギリヤシエキスオウゴンエキスなどといった植物エキスも、脱毛を防ぐメカニズムは同じです。

 

 

男性型脱毛症は5αリアクターゼという酵素が男性ホルモンであるテストステロンと結合してできる「ジヒドロテストステロン」によって引き起こされます。

 

 

プロペシアなどの成分がテストステロンに5αリダクターゼが結合するべき穴をふさいで、結合するのをブロックするといったイメージを想像してください。

 

 

物理的に「ジヒドロテストステロン」ができないようにしてしまうわけです。

 

 

ただし、体質によっては完全にブロックはしきれずに、多少脱毛が進行するといったこともでてきます。

 

 

また、これらの成分を投入をやめた時点で、ブロック効果がなくなってジヒドロテストステロンが一気に増えてしまいます。

 

 

そのため、続けることが重要なのですが、プロペシアは続けることでの健康被害は特にありませんし、価格も比較的続けやすいものではあります。

 

 

とにかく、いくら健康に気を使っても、遺伝的に禿げの気がある人は薄毛化は避けられませんので、兆候が現れたらすぐに行動するようにしましょう。

 

 

プロペシア等、育毛医薬品を詳しく掲載したページは僕の育毛剤サイトにあります。

(外部サイトです)
※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ