毛根まで十分栄養が行きわたるには何を気をつけるのか

毛根に栄養が十分行くようにするには、何をどう気をつければよいですか?

 

 

普段の生活の中で血行に気を使うべき

 

たばこがうまくて禿げても止められねえ

毛根にしっかり栄養が行き渡るようにするなら、普段の生活の中で血行に気を使うべきでしょう。

 

 

頭皮の毛細血管は血管の末端です。

 

 

頭皮には毛細血管が網の目のように走っており、毛根へエネルギーと酸素を供給しているのです。

 

 

ですから、血行が悪くなれば、新鮮な血液が行き渡りにくくなり、栄養も酸素もしっかり毛根に運ばれなくなってしまいます。

 

 

そのような状態になってしまうと、頭皮の血管が委縮して頭皮が固くなります。

 

 

さらに毛根の栄養状態が悪くなりますので、毛母細胞の細胞分裂が鈍ります。

 

 

細胞分裂はしますが、栄養をしっかり吸収できないため、細く、頼りない髪が生えていきます。

 

 

そして成長しきらないうちに抜けてしまいます。

 

 

たばこを吸いながら育毛なんてできない!

 

たばこを吸うと、体中の血管を収縮させて血行が悪くなります。

 

 

血行が悪くなった影響は20代、30代のうちはまだ目にはつきにくいばあいが多いです。

 

 

しかし40代になってくると、加齢の影響もあり、たばこを吸わない人に比べて明らかに髪と髪の隙間が「空いた」ようになっている人が多いです。

 

 

血行が悪いので髪がしっかり育っていかずに、抜けてしまいます。

 

 

新しい髪が生えない「休止期」が長くなることや、生えている髪そのものが細いので視覚的に隙間が目立ってしまうのです。

 

 

たばこはやめられないけど、育毛しなくてはならない…

 

 

ムリです。

 

 

あきらめてください。

 

 

血行促進する医薬品は「ミノキシジル」

 

男性型脱毛症(AGA)をAGA治療院などの医療機関で治療する場合、

 

 

髪の細胞分裂を促進する医薬品として

 

 

「ミノキシジル」

(僕の運営する外部サイト)

 

 

を処方される場合が多いです

 

ミノキシジル薬としては大正製薬の「リアップ」が有名です。

 

 

「ミノキシジル」の効能としては頭皮の毛細血管を膨張させて頭皮の流れる血液量を多くし、毛根への栄養素を送り込む量を多くします。

 

 

ただ、ミノキシジルを使う前に自然に頭皮の血行を促進できるとすれば、それに越したことはありません。

 

 

体全体の血行をよくしよう

 

頭皮の血行を良くするには、まず体全体の血行をよくすることです。

 

 

多くの人が食生活の乱れや運動不足が影響して血行への問題を抱えています。

 

 

お酒が多い、野菜を食べない、運動しない、湯船にあまりつからない、仕事のストレスが上手く発散できない…

 

 

血行への問題を解決するにはいわゆる「生活習慣病」の元になるような生活を改めることが最も大切です。

 

 

育毛にお金をかけて、育毛(発毛)サプリメントや育毛剤で毛根に栄養素を送ろうということはもちろん有効です。

 

 

しかし体を健康に保ち、自然に頭皮の血行を活発化させるということを、まずは心がけるべきなのです。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ