お酒が直接育毛(発毛)を妨害するわけではない

お酒は毒にも薬にもなります

お酒が多いことは育毛には大敵だと思われています。

 

 

理由は、お酒は糖分のカタマリであり、油分の多いものや肉類などをつまみとして食べ過ぎる傾向にあるため。

 

 

また、飲み過ぎれば豊富な糖によって、たくさんの中性脂肪を作り出すため、太って血行をわるくするといわれるからです。

 

 

他にも色々要因はあるのですが、お酒が直接的に髪の毛の発育を妨害するというわけではありません。

 

 

お酒の飲み過ぎによる健康に与える悪い影響が、回り回って髪の成長力にも負の影響を与えてしまうという考え方です。

 

 

お酒が知覚神経に刺激を与え、育毛(発毛)効果を及ぼす

 

しかし、お酒も考えて飲めば、知覚神経を刺激して育毛に良い効果を与えるということがわかってきています。

 

 

知覚神経を刺激して、育毛(発毛)効果を高める物質として良くしられているのが「IGF-I」という「インスリン様成長因子」です。

 

 

この物質を応用して作られている発毛サプリメントに「ダブルインパクト」があります。

 

 

「IGF-I」は成長因子なので、アンチエイジング、つまり、皮膚を若く保つ効果があります。

 

 

これを頭皮で増やして「発毛因子」として働かせれば、高い確率で毛母細胞が活性化し、髪の毛の成長を促進することができると言われています。

 

 

お酒は胃の知覚神経を刺激して「IGF-I」を増やす可能性が高いと言われています。

 

 

日本酒に含まれる「α-グルコシルグリセロール」やビールに含まれる「ゲラニオール」という物質が知覚神経を刺激し、「IGF-I」を増やすとされています。

 

 

それ以前にアルコール分が身体の知覚神経に大きな刺激を与えるため、「IGF-I」を増やしやすいと言われるのです。

 

 

知覚神経を刺激する効果を超えた、お酒の飲み過ぎは単なる毒

 

「IGF-I」を増やす目的でお酒を飲むのなら、ほろよいくらいが限度です。

 

 

それを過ぎれば、今度は健康全般への大きな負担になる可能性が高いです。

 

 

なんでも限度が大切です。

 

 

食べ物は摂り方次第で毒にも薬にもなる。

 

 

お酒は最も両極端の傾向が強い食品なのです。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ