成長因子FGFの力で発毛させるために必要な育毛アイテムは何?

AGA(男性型脱毛症」の進行を止めるには悪い男性ホルモンを減らすだけでなく、成長因子の刺激も必要だと聞きました。

 

 

悪い男性ホルモンを抑えるという育毛剤は見たことがありますが、成長因子を刺激するという育毛剤は見かけません。

 

 

どうしたらよいのでしょうか。

 

 

成長因子を刺激する育毛剤のリリースが始まっていますが、定着しません

成長因子を刺激するといったような種類の育毛というか、発毛剤は基本ありませんでしたが、最近ではぼちぼちと商品がでてきていました。

 

 

でも、定着しませんでしたね。

 

 

「ファイブロブラスター」という発毛剤がでてきましたが、定着しませんでした。

 

 

成長因子を刺激する育毛(発毛)剤は、現在完全に一強です。

 

 

成長因子を維持する育毛(発毛)剤「ポリピュア」の作用とは

 

人気ナンバーワン、ポリピュア

その一強とは…

 

 

成長因子FGFを維持する育毛剤として一番人気。

 

 

「薬用ポリピュアEX」

(僕が運営する外部サイトに飛びます。)

 

 

です。

 

 

「ポリピュア」は成長因子「FGF-7」に作用する育毛剤です。

 

 

成長因子としては人間の体にはFGFという因子が23種類ありますが、そのうち発毛にかかわる成長因子がFGF-7です。

 

 

このFGF-7は毛乳頭細胞で作られます。

 

 

そして毛乳頭細胞で作られたFGF-7が毛母細胞に作用すると、毛母細胞が細胞分裂を開始します。

 

 

これが「発毛」というわけです。

 

 

このFGF-7は一種のたんぱく質です。

 

 

ただこのFGF-7を壊れずに毛乳頭から毛母細胞に作用することが発毛剤「薬用ポリビュア」の解釈では非常に難しいとされています。

 

 

FGF-7は非常に不安定な成分です。

 

 

このFGF-7を安定して毛母細胞に作用させるのが非常に相性が良いのが「ポリピュア」に配合された長鎖分割ポリリン酸だといいます。

 

FGF-7をしっかり作用させて毛周期を安定化させ、髪の成長を促進し抜けにくい丈夫な髪を作るとしています。

 

 

ただ、FGF-7そのものを十分に生産できなければ意味がありません。

 

 

FGF-7を増やすには「育毛(発毛)サプリメント」が有効

 

ポリピュアの作用を生かすには、FGF-7を増やすための「育毛(発毛)サプリメント」の摂取は非常に有効です。

 

 

FGF-7の産生を促すための成分は「ケラチン」というアミノ酸です。

 

 

「ケラチン」は最近では育毛(発毛)サプリメントの主成分にもなっています。

 

 

育毛(発毛)サプリは体がケラチンを合成して、FGF-7を作り出すための成分として必要だとされる「亜鉛」も含んでいます。

 

 

成長因子を作り出す育毛(発毛)サプリメントもある

 

ところでサプリメントでは成長因子「IGF-1」に似た因子を生成するのが「イソフラボン」「カプサイシン」を含む「ダブルインパクト」です。

 

 

このサプリメントは成長因子を作り出して、毛母細胞の細胞分裂を加速させると言われています。

 

 

成長因子を刺激するよりは成長因子を直接生み出す成分を摂った方が効果的な気はします。

 

 

ただし、上記「カプサイシン」「イソフラボン」組み合わせが成長因子そのものを生み出すかどうかは証明されていません。

 

 

あくまでも成長因子様(成長因子のような)の因子を生み出すと考えましょう。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ