髪を成長させるための成長指令を出す成長因子とは「FGF」

成長因子を生み出す材料「カプサイシン」

髪を成長させるための成長指令を出すと言われているのが、FGFという「成長因子」

 

 

専門的な語では線維芽細胞増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし)とよばれるものです。

 

 

あ、覚えないでくださいね…

 

 

覚えても特はありませんから。

 

 

FGFは真皮にある線維芽細胞というコラーゲンを作り出す細胞にはたらきかけ、成長と増殖を促します。

 

 

育毛製品に使われるよりは化粧品に使われます。

 

 

数年前にFGF配合のスキンケア化粧品は大ブームとなりました。

 

 

最近では化粧品にこのFGFは定着して、宣伝もさかんにされています。

 

 

IGFは発毛サプリメントで摂れる髪の成長因子

 

同じように、細胞の増殖を後押しする成長因子としては、

 

 

  • EGF(表皮細胞増殖因子)
  •  

  • IGF(インスリン様成長因子・内臓や皮膚などの成長に関わる)

 

 

などが成長因子として知られています。

 

 

特にIGFに関して、

 

大豆がもつ成分「イソフラボン」と、トウガラシが持つ成分「カプサイシン」を組み合わせて摂ることが推奨されています。

 

 

この組み合わせは知覚神経を刺激してIGF-1を増やしてくれるという研究成果が名古屋市立大学の岡嶋教授のグループにより発表されています。

 

 

IGFの臨床実験に関しては、大量のトウガラシと大豆製品を毎日、約半年もの間、摂る必要がありました。

 

 

実際に研究では5か月間連続して投与することが行われたています。

 

 

そこまでしないと変化がよくわからないということであれば、食品から摂ることは現実的ではありませんね。

 

 

毎日毎日、大豆製品とトウガラシばかり摂るわけにはいきませんから。

 

 

ですから、

 

 

発毛サプリメント「ダブルインパクト」シリーズ

 

 

など、発毛サプリメントで該当の成分を摂ることが必要となるのです。

 

 

FGFは育毛(発毛)サプリメントでは摂れない

 

FGFやEGFに関してはもともと人間が体内に持っているものです。

 

 

しかし、当然年齢が進むにつれて少なくなっていくものです。

 

 

成長因子の保有量の低下が、頭皮環境の衰退を招き、薄毛や抜け毛の増加につながっているという側面はあると思われます。

 

 

そこでFGFを外部から摂れる育毛製品が開発されたのです。

 

 

FGFに着目している発毛・育毛剤には

 

 

「薬用ポリビュア」

 

 

などがありますが、化粧品のようなメジャーな使われ方は、まだまだされていませんね。

 

 

FGF、EGFに関してはサプリメントから摂れるものではありません。

 

 

FGFにこだわるな。育毛(発毛)サプリメントで頭皮、髪への栄養をしっかり補給すること

 

育毛(発毛)サプリメントなどで栄養素をとるなどしても、FGFがもたらす作用と同じような効果は期待できます。

 

 

FGFは髪を直接成長させるための命令を出すわけではなく、頭皮の活性化を促す役割をするものだからです。

 

 

目的は頭皮を活性化することなのですから、FGFを摂ることにこだわる必要はないと思います。

 

 

ですから、頭皮を活性化する成分の入った、良い育毛(発毛)サプリメントを摂りましょう。

 

 

「育毛・発毛サプリ fuerzaフェルサ」

 

「毛髪大作戦 Growth Project. BOSTON 」

 

 

は総合バランスに優れたサプリメントとなっており、広くお奨めです。

 

 

先に述べた「ダブルインパクト」シリーズは成長因子を作り出す成分の入ったサプリメントですが、若干割高のような気がしますね^^。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ