薄毛は食生活から発生するウエイトは高い

薄毛は生活習慣の様々な部分から影響をうけていますが、食生活のウエイトも相当に高いです。

 

 

もともと遺伝的に薄毛になりやすい体質の人が、野菜を食べずに肉類ばかりを好んで食べた場合、早い段階で薄毛は加速していってしまうのです。

 

 

肉類の食べ過ぎはどのような弊害をもたらすか

 

こってり高脂肪がダメなんだ!

肉類は高脂肪、高コレステロールの食品です。

 

 

好んで食べ続けると血液中の脂質が多くなり、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

 

 

皮脂が多くなると毛穴がつまり、毛髪の成長や新しい毛髪が出てくるのをさまたげる原因になってしまいます。

 

 

また、肉類の摂取が多くなると血管にも中性脂肪がたまっていきます。

 

 

その結果、血管が細くなって血流が悪くなり、毛母細胞など、身体の隅々まで血液が行き渡らなくなってしまいます。

 

 

肉を食べても薄毛にならない民族もいる

 

しかしながら、肉類を多く食べる民族でも、薄毛が少ない民族というのは存在します。

 

 

それはなぜでしょう。

 

かれらは、肉類は「たんぱく源」として摂っており、多くは脂肪分を溶解し、飛ばして取っています。

 

 

肉は新鮮なものがいつでも手に入るとは限らないので、保存食としての性質が強いです。

 

 

その場合は保存のため、低脂肪となる加工方法が確立されている場合がほとんどです。

 

 

反面、白人社会では薄毛の人が非常に多いです。

 

 

若いうちでもハゲが多いのは、食生活の影響が大きいでしょう。

 

 

脂肪がたっぷりついた肉を、たっぷりの油脂で調理する欧米料理は高脂肪、高コレステロールの肉料理が主菜です。

 

 

それを好んで幼少のころから食べ続ければ、ハゲも多くなるわ!ってものです。

 

 

日本人に欧米食文化は基本合わない!

 

そもそも日本人は上記のような肉料理には、長く歴史的、文化的に肉を主菜とする必要がなかったこともあり、民族的に脂分を分解する機能が低いとされています。

 

 

そのため脂肪を湯がいたりして、落として食べる習慣がありました。

 

 

しかし、食生活の急速な欧米化はハゲを加速させているだけでなく、白人以上に様々な健康問題を日本人に与えて行ってしまっています。

 

 

肉類よりも、野菜を多くとるように心がける。

 

 

脂肪を避けて、赤身肉を摂る耳にタコができるかもしれませんが、薄毛にも健康にも共通する基本ですので、常に意識してください。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓総合育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

総合育毛・発毛サプリランキングへ


↓↓女性育毛・発毛サプリランキングへ↓↓

女性育毛・発毛サプリランキングへ


トップページへ